性病の1つであるカンジダは性行為だけではなく、大衆浴場やトイレなどでも感染します。また、妊娠中はカンジダに感染しやすく臨月までに治っていなければ、赤ちゃんにも感染してしまうので注意が必要となります。

  • ホーム
  • 臨月時のカンジタ症のリスク

臨月時のカンジタ症のリスク

細菌

カンジダというのは、真菌ともいわれるカビの一種であり、ヒトの体内にもともと住み着いているのですが、体力が低下したときなどに増殖をはじめて、カンジダ症という病気を引き起こすものです。
特に、女性が膣カンジダ症にかかってしまうと、おりものの量が増えてニオイがきつくなったり、外陰部にかゆみを覚えたり、排尿時に痛みがあったりといった症状としてあらわれます。
すでにこうしたカンジダに効く抗真菌薬という医薬品が開発されており、例えばジフルカンの錠剤を一定の用量で内服することによって、カンジダの増殖は抑えられ、こうした不快な症状は治まります。

カンジダ症は体力低下時になりやすいというのはもちろんですが、実は女性の場合には、臨月に膣カンジダ症にかかってしまうリスクにも注意しなければなりません。
健康な状態であれば、膣内は人間と共生している乳酸菌の一種などのはたらきにより弱酸性に保たれているのですが、妊娠によってこうしたph値のバランスが崩れると、一気にカンジダが繁殖しやすい状態になってしまいます。

こうした場合、軟膏などを患部に塗布して治療することも、また症状がごく軽いものであれば積極的には治療しないこともありますので、きっちりと医師の診察を受けて、その指示にしたがうのがよいでしょう。
なお、臨月時に内服薬であるジフルカンを服用してよいかどうかですが、医薬品の添付文書などでは、妊婦は使用を控えるようにとの注意書きがなされています。
一般的には高濃度のものでない限り、ジフルカンの内服が胎児に影響を及ぼすおそれはないという説がある一方で、胎児に特定の先天的心疾患をもたらす可能性があることも指摘されているからです。